【注目が高まっている宣伝方法】動画マーケティングのメリットを解説

メニュー

効果的な利用法

REC

YouTubeで5秒間、あるいは30秒間再生されるインストリーム広告など、TrueView広告を活用する企業も増えています。TrueViewを効率的に活用すれば、より多くの人たちに様々にサービスを提供できます。このサービスは、広告配信の強い味方とも言えます。

詳しく見る

システムとその開発

男性

商品を販売するサイトなどを構築する場合には、Webシステム開発の業者に依頼して開発することが最適である。Webシステム開発では、データーベースの技術や暗号可能技術など様々な知識が必要になるため、業者依頼する必要がある。

詳しく見る

現代的な宣伝ができる

フィルム

動画マーケティングは現代的な宣伝方法と言えるでしょう。また、動画は観る人が幅広いので良い宣伝となるはずです。そんな宣伝を行うからには、まず、動画を制作しなくてはなりません。専門業者に頼んで作ってもらいましょう。

詳しく見る

費用対効果が高く注目も

男女

動画サイト大手であるyoutubeの広告サービスがTrueViewです。利用者数が多いyoutubeのサービスということもあり、多くの人に見てもらえるだけではなく費用対効果が高いことで注目されています。しかし、低クオリティの動画広告は逆効果になる危険性もあるので動画のクオリティには注意が必要です。

詳しく見る

Webシステムの外注先

パソコン

プラットフォームを問わず外出先でもモバイル端末で利用できるWebシステムが、さまざまな業務に活用されています。自社向けにカスタマイズしたWebシステム開発を外注するには、料金だけでなく保守の観点も欠かせません。CMSを使ったWebシステム開発は、経費節約を目的に自社で更新作業を行う企業に最適です。

詳しく見る

SNSを活用した動画宣伝

再生マーク

検索キーワードが重要

インターネットの普及によって企業のマーケティング手法も変わってきました。その中でも目立つのが動画マーケティングです。従来のテキストと写真による宣伝だけでなく、動画を活用した手法が増えているのです。イメージしやすいのはテレビのCMです。これも動く動画ですが、根本的な違いは企業自身が自分の手で作るものを動画マーケティングといいます。例えば企業が新製品を発売するときに、開発者が自ら自撮りして新製品の開発苦労話を語ったりします。このようにして製作された動画はネットのSNSで拡散されるのです。これが動画マーケティングです。テレビCMといえば大企業ばかりですが、動画マーケティングなら中小企業でも発信できるわけです。ただしネット上には膨大な動画コンテンツが溢れているので、一般の人にどのように見つけてもらうかがポイントになります。この点を疎かにすると拡散する前に情報の中に埋もれてしまい、効果を発揮できないのです。動画マーケティングを効果的に活用するために必要なのが、検索キーワードです。一般の人がネット検索した時に上位にくるようにするわけです。ネットを使って宣伝をする場合、最も重要なのは一般消費者に信頼感を与えることです。ネット上には様々な情報があふれており、偽情報も多いです。そのような状況の中で動画マーケティングは信頼感を与えることができるコンテンツとなっています。お店の店長や中小企業の社長などが自撮りすることによって、消費者に信頼感を与えることができます。